仲介と買取の違い

不動産売却には直接不動産会社に物件を買い取ってもらう「買取」と不動産会社に物件の買い手を探してもらう「仲介」の2種類があります。売却価格や仲介手数料の有無などそれぞれの違いを把握しておくことが大切です。

買取のメリット・デメリット

メリット

  • 売却期間が短い
    買主は不動産会社になるため、提示された価格に納得すればすぐに売却ができます。早期に現金化できるため、売却するまでのスケジュールが立てやすくなります。
  • 仲介手数料が発生しない
    仲介のように不動産会社と媒介契約を結ぶ必要がないので手続きが面倒になることがなく、仲介手数料が発生することもありません。
  • 瑕疵担保責任が免責される
    仲介の場合は売主に設備修復責任や瑕疵担保責任の義務が発生しますが、買取はこれらを免責とした契約になるケースが多く、引き渡し後にトラブルになる可能性が低くなります。
  • 売却できる不動産の範囲が広い
    一般的に買い手が付きにくい狭小住宅や旗竿地からアパート一棟など規模の大きい不動産まで売却できる不動産の範囲が広いので、売れなくて悩むことが少なくなります。

デメリット

  • 買取金額が相場より低め
    不動産会社は買取った物件や土地などを転売するため、相場より買取金額が低めに設定される傾向にあります。

仲介のメリット・デメリット

メリット

  • 売却価格が希望通りになりやすい
    売主の希望金額に応じて不動産会社が売却活動を行いますので、売れた時には買取に比べると売却価格は高めになりやすいです。

デメリット

  • 売却成立まで時間がかかる
    仲介は不動産会社と媒介契約を締結し、販売活動を行うため売却が成立するまで時間がかかります。場合によっては買い手が見つからないというリスクもあります。
  • 仲介手数料がかかる
    成功報酬になりますが不動産の売買価格に応じて、取引額の3%~5%の仲介手数料が発生します。
  • 周囲に売却が知られる可能性がある
    仲介を依頼するとインターネットや各種媒体を使った販売活動が行われるため、周囲に売却が知られる可能性が高くなります。
  • 瑕疵担保責任を負うリスクがある
    不動産売却後に欠陥が見つかった場合は売主は瑕疵担保責任を負うことにあり補修したり損害賠償に応じなければならないリスクがあります。
福島市で早く確実に
現金化できる不動産会社
ワイアード

売却
スピード

最短当日に現金化

公式HPで
無料査定する

電話で問い合わせる
(10:00~19:00)

対応物件と売却サポート

古い物件
古い物件 築年数が数十年経過している古い物件でも、売却対応しています。 ×
調整区域
調整区域 建物や土地の利用用途に規制がかかる市街化調整区域でも、売却対応しています。 ×
農地
農地 環境保護目的から、法律で売却許可を得る必要のある農地も売却対応しています。 ×
現状
引き渡し
現状引き渡し 物件に瑕疵があっても、修繕することなく、そのまま売却できます。 ×
相続
サポート
相続サポート 相続した物件の手続きや進め方が分からない人へ、必要な対応手続きをサポートしています。 ×
東北ミサワホーム

売却
スピード

最短1ヶ月

公式HPで
無料査定する

電話で問い合わせる
(9:00~18:00)

対応物件と売却サポート

古い物件
古い物件 築年数が数十年経過している古い物件でも、売却対応しています。 ×
調整区域
調整区域 建物や土地の利用用途に規制がかかる市街化調整区域でも、売却対応しています。 ×
相続
サポート
相続サポート 相続した物件の手続きや進め方が分からない人へ、必要な対応手続きをサポートしています。 ×
カチタス(福島)

売却
スピード

最短21日

公式HPで
無料査定する

電話で問い合わせる
(9:00~18:00)

対応物件と売却サポート

古い物件
古い物件 築年数が数十年経過している古い物件でも、売却対応しています。 ×
農地
農地 環境保護目的から、法律で売却許可を得る必要のある農地も売却対応しています。 ×
現状
引き渡し
現状引き渡し 物件に瑕疵があっても、修繕することなく、そのまま売却できます。 ×