売却に必要な書類

不動産売却の際には買主とスムーズに取引をするために準備しておくべき必要書類があります。物件種別で多少の違いはありますが、大きく売主に関するもの、権利に関するもの、建物に関するものの3種類に分けられます。

不動産売却時の売主が準備する必要書類

売主に関するもの

  • 本人確認書類・住民票等
    売主本人を確認するための書類です。運転免許証やパスポート、各種健康保険証など一般的に本人確認書類として使用されるものです。登記上の住所と現住所が異なる場合は住民票も必要になります。なお、物件の所有者が複数いる時は全員分が必要です。
  • ローン残高証明書(返済予定表)
    住宅ローンの返済が終わってない場合に必要で、残債額を明らかにすることを目的としています。
  • 銀行口座の通帳
    売却金額を振込んでもらうためのもので口座情報がわかるものなら問題ありません。

権利に関するもの

  • 登記簿謄本または登記事項証明書
    不動産の登記内容を証明する書類です。現在は法務局のコンピュータで登記記録が管理されており、登記事項証明書になります。
  • 登記済権利書または登記識別情報
    登記名義人がその物件の真の所有者であることを確認するために登記済権利書が必要になります。平成17年3月に不動産登記法が改正され、オンラインや書面で申請すると権利書の代わりに登記識別情報が通知されます。
  • 土地測量図・境界確認書
    土地や戸建て売買の際に必要で土地の面積や境界線の位置などが記されています。売却する土地がどこの部分なのかを明らかにします。

建物に関するもの

  • 建築確認済証および検査済証
    物件が建築基準法を遵守して建築されていることを証明する書類です。現地で実施された検査に適合した物件は検査済証が発行されます。
  • 建築設計図書・工事記録書等
    物件がどのように設計されどのように工事されたかを確認するものです。建物の維持管理や買主が将来リフォームする際に役立ちます。
  • 耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書
    新耐震基準導入前の物件やアスベスト使用の可能性が考えられる場合に必要となる書類です。
  • マンションの管理規約または使用細則・マンションの維持費関連書類
    マンションの売買に必要な書類で、建物の維持管理体制や管理費・修繕積立金などがわかります。

福島で不動産売却!
現金化のスピードが速く
確実に売却してくれる会社比較

福島市で早く確実に
現金化できる不動産会社
ワイアード

売却
スピード

最短当日に現金化

公式HPで
無料査定する

電話で問い合わせる
(10:00~19:00)

対応物件と売却サポート

古い物件
古い物件 築年数が数十年経過している古い物件でも、売却対応しています。 ×
調整区域
調整区域 建物や土地の利用用途に規制がかかる市街化調整区域でも、売却対応しています。 ×
農地
農地 環境保護目的から、法律で売却許可を得る必要のある農地も売却対応しています。 ×
現状
引き渡し
現状引き渡し 物件に瑕疵があっても、修繕することなく、そのまま売却できます。 ×
相続
サポート
相続サポート 相続した物件の手続きや進め方が分からない人へ、必要な対応手続きをサポートしています。 ×
東北ミサワホーム

売却
スピード

最短1ヶ月

公式HPで
無料査定する

電話で問い合わせる
(9:00~18:00)

対応物件と売却サポート

古い物件
古い物件 築年数が数十年経過している古い物件でも、売却対応しています。 ×
調整区域
調整区域 建物や土地の利用用途に規制がかかる市街化調整区域でも、売却対応しています。 ×
相続
サポート
相続サポート 相続した物件の手続きや進め方が分からない人へ、必要な対応手続きをサポートしています。 ×
カチタス(福島)

売却
スピード

最短21日

公式HPで
無料査定する

電話で問い合わせる
(9:00~18:00)

対応物件と売却サポート

古い物件
古い物件 築年数が数十年経過している古い物件でも、売却対応しています。 ×
農地
農地 環境保護目的から、法律で売却許可を得る必要のある農地も売却対応しています。 ×
現状
引き渡し
現状引き渡し 物件に瑕疵があっても、修繕することなく、そのまま売却できます。 ×